育毛シャンプーと頭皮

育毛シャンプーと頭皮

育毛を考えるのであれば、育毛シャンプーの効能を理解しておきましょう。
通常のシャンプーとどのように違っているのでしょうか。

 

そもそも、育毛はどういうことなのでしょうか。

 

育毛というと髪の毛に対して手入れをするというイメージがありますが、それは明らかな間違いです。

 

育毛を気にする人は、髪の毛が少ないことを悩んでいるのですから、少ない髪の毛を手入れしてもしょうがないのです。

 

育毛というのは髪の毛の元=毛根を大事に育てるということなのです。

 

畑の野菜にたとえてもよいでしょう。

 

元気のよい野菜は根っこがしっかりしています。
根っこをよくするには、土壌を考えていかなければなりません。
この土壌というのが頭皮に当たります。

 

頭皮の状態、栄養供給がうまくいっていなければ、しっかりした毛根は育ちません。

 

育毛シャンプーはその頭皮に対して、良い影響を与えるように考えられたものです。
通常のシャンプーと違うのは、その目的なのです。

 

そう考えますと、通常のシャンプーというのは頭皮に悪い影響を与えているということになります。

 

実際、傷んだ頭皮には刺激の強いシャンプーや、シャンプーのすすぎ残りといったものが、悪い影響を与えます。

 

育毛シャンプーは通常のシャンプーの悪い部分を取り除いたものとも言えるでしょう。

 

自分の頭皮の状態を正確に認識して、それに合ったシャンプーを選ぶようにしなければなりません。

 

ですから、一生同じシャンプーということにはなりませんし、個人によってお勧めのシャンプーというものも変わってきます。