育毛シャンプーの成分

育毛シャンプーの成分

育毛シャンプーという商品があるわけではありませんが、一般的には育毛によいシャンプーのことを育毛シャンプーと呼んでいます。

 

通常のシャンプーとの違いはあるのでしょうか。
本来シャンプーというものは頭や髪の毛についた汚れを落とすためのものです。

 

汚れを落とすためにはある程度の洗浄力が必要です。
体を洗う時は石鹸を使いますが、頭は石鹸ではだめなのでしょうか。

 

頭には髪の毛があります。
この髪の毛を洗浄した時に石鹸であれば、ごわごわした髪の毛になってしまいます。

 

ですから、コマーシャルなどで見るようなしなやかな髪には程遠いことになるのです。
強い洗浄力としなやかな髪を維持するための成分が、通常のシャンプーには含まれているのです。

 

ところがこの成分が育毛の点では逆効果になってしまいます。

 

洗浄力が強いということはそれだけ刺激が強いということを意味しており、弱った頭皮に対しては非常に問題になってしまいます。

 

薄毛の傾向がある人は一般的に頭皮に炎症ができたりする、デリケートな頭皮を持っているのです。
通常のシャンプーの成分によって、弱った頭皮がさらに弱くなってしまうのです。

 

ですから育毛シャンプーは通常のシャンプーとは違うのです。
洗浄力をある程度弱めた成分が含まれています。

 

また、艶やかな髪を維持するための成分なども極力少なくなっています。
シャンプーをする時の泡立ちも、通常のシャンプーに慣れた人にとっては物足りなさを感じてしまうかもしれません。