シャンプーとリンス

シャンプーとリンス

育毛シャンプーの種類として石鹸シャンプーがあります。
これは石鹸でできたシャンプーです。

 

育毛になぜ良いか、と言いますと、皮膚つまり頭皮を刺激する成分が少ないからです。
お肌にやさしいということです。

 

洗浄力については、必要な程度はあります。
石鹸シャンプーで問題となるのは、髪の毛に対する影響です。

 

石鹸シャンプーはアルカリ性ですから、髪の毛もアルカリ性になってしまいます。

 

そうすると、髪の毛はごわごわした状態になって、しなやかな髪と全く正反対の髪質になってしまうのです。

 

そこでリンスをする必要が出てきます。
シャンプーでなくなってしまったキューティクルを補って、髪のバサつきをなくすのです。

 

リンスについてもシャンプーと同じように頭皮に残留成分が残らないようにしなければなりません。

 

リンスは頭皮にかけるというよりも、髪の毛に付けるというやり方が正しいと言えるでしょう。

 

これは、頭皮に対しては何の効果もないからです。

 

石鹸シャンプーは頭皮を健康に保つにはよいのですが、髪の毛に対しては逆効果となってしまうということです。

 

しかし、リンスを使用することで、その悪影響は防げますから使用上での問題はないと考えられます。

 

いずれにしても、通常のシャンプーを使用することは頭皮にとって良くないことだけは確かです。
育毛シャンプーの種類をよく理解して選択するようにしましょう。

 

石鹸シャンプーは通常のシャンプーを扱っているところで販売していますから、一度試してみるのもよいのではないでしょうか。