育毛シャンプーを理解する

育毛シャンプーを理解する

育毛シャンプーを選ぶ時の基準について考えてみましょう。
育毛によいシャンプーとはどのようなものでしょうか。

 

そもそもシャンプーの成分はどんなものがあるかと言いますと、水と、界面活性剤、その他の成分に分けられます。

 

界面活性剤は洗浄するための主成分と考えてよいでしょう。
その他の成分は微量ですから無視できます。

 

育毛を考える時には界面活性剤の成分が重要なポイントになってきます。

 

界面活性剤には石油から作られる高級アルコール系と自然界からの生成物であるアミノ酸系の二つに大きく分けられます。

 

前者の高級アルコール系は頭皮に対して刺激が強すぎますから、育毛シャンプーとしては失格と言えます。

 

もちろん、育毛を考える必要のない人にとっては、それで何の問題もありません。
育毛を考えるのであれば、アミノ酸系を使用することをお勧めします。

 

一口にアミノ酸系と言っても種類はたくさんあります。
成分表示を見ても石油系かアミノ酸系か判断できない場合もあります。

 

また、製品の表示にアミノ酸と記載されていても、ここで言うアミノ酸系とは違っている場合もありますから、注意が必要でしょう。
詳しく調べてみることです。

 

薄毛が気になりだした人のための育毛シャンプーというものもたくさんありますから、調べてみてください。

 

頭皮の状態は個人差がありますから、自分に合ったものを使用しなければなりません。
市販されている育毛シャンプーは、髪の毛ではなく頭皮のケアを考えているのです。