育毛シャンプー 基本

育毛シャンプーの基本

育毛シャンプーを考える時には、育毛シャンプーという商品名ではなく、その成分を考えていく必要があります。

 

その成分によってシャンプーは分けられます。
高級アルコール系が一番悪く、石鹸シャンプー、アミノ酸系シャンプーの順に良くなっていきます。

 

高級アルコール系のシャンプーが悪い理由を知っておきましょう。

 

育毛に悪いということを分かりやすく言いますと、頭皮に対する刺激が強いということです。
また、湿疹などの原因になりやすい成分が悪いと考えられます。

 

高級アルコール系に含まれる「ラウリル硫酸ナトリウム」というものが、肌への刺激が強いのです。

 

これは泡立ちをよくするものですが、脂分の分解能力が高いため湿疹などを起こすことがあるのです。

 

つまり、肌が弱い人であればこのようなシャンプーを使用すると頭皮が痛めつけられてしまい、薄毛の原因となってしまうということなのです。

 

に多様な成分に「ラウレス硫酸ナトリウム」というものもありますが、「ラウリル硫酸ナトリウム」より刺激が少ないという程度ですので、基本的には同じものと考えるべきでしょう。

 

これらの成分は、一般の人が使う分には何の問題もありません。
強い洗浄力を持ちますから、脂ぎったような髪を持っている人にはお勧めです。
ただ、育毛の観点からは適していないということなのです。

 

それから、石鹸シャンプーですが、洗浄力は強く頭皮へ与える刺激が弱いという特徴を持っています。

 

しかしアルカリ性であるため、髪の毛がごわごわになってしまいます。
髪のお手入れの面からは使いにくいとも言えます。