薄毛と育毛

薄毛と育毛

育毛を考える時には同時にシャンプーのことを考えなければなりません。
すなわち育毛シャンプーです。

 

育毛シャンプーとは育毛をサポートする役割を担っています。
育毛剤などを使用して育毛を進めていくとしても、シャンプーを考えなければその効果を期待することができません。

 

育毛剤の効果を高めるためのシャンプーが育毛シャンプーと言えるのです。
では、育毛シャンプーとはどういうものを言うのでしょうか。

 

一般的なシャンプーというのは、泡立ちがよく、洗浄力が強く、いい香りがして、髪をしなやかにしてくれるといえます。
このようなシャンプーが一般的なコマーシャルなどで言われているでしょう。

 

それに対して育毛シャンプーというのはその逆と考えればよいでしょう。
極端に言えば、泡は立たず、洗浄力は弱く、香りはしないし、髪はバサつくのです。

 

もちろんこれほどに極端な商品はありませんが、考え方としては正しいのです。

 

泡立ちがよいということは界面活性剤が含まれているということであり、すすぎによっても残留成分が残ってしまうのです。

 

また、洗浄力は頭皮への刺激となりますから、洗浄力が強いということは頭皮を痛めることになるのです。

 

これらのことは頭皮にとって良くないということが言えます。
頭皮はデリケートなものですが、たいていの人はそのことに無関心なのです。

 

薄毛を気にするのであれば、シャンプーが頭皮に与える影響についてきちんと考えておかなければなりません。
一番影響が大きいものとも言えるかもしれません。