育毛シャンプーの効果の違い

育毛シャンプーの効果の違い

育毛シャンプーと育毛剤は違います。
育毛のことを考えていながら、正確な知識を持っていない人がたくさんいます。

 

育毛剤は育毛のためのものですが、育毛シャンプーは育毛に配慮したシャンプーです。

 

育毛シャンプーというものだけで育毛ができるわけではありません。
元々シャンプーというのは髪や頭皮の汚れを落とす目的でした。

 

しかし、汚れを落とすだけでは髪がばさばさになってしまうため、それを抑えてしなやかな髪を保つための成分を入れるようになったのです。

 

また、商品によっては洗い後のいい匂いといったものも謳い文句にしている場合があり、それらの成分も入っていることになります。

 

頭皮にとってはそれらのすべての成分が刺激の原因となります。
もちろん、健康な人の頭皮であればそのような刺激には全く影響されません。

 

そこが髪の毛の量に大きく影響しているのでしょう。
頭皮が健康ではない人が薄毛になっていくという傾向は否定できません。

 

また、育毛剤だけを使用して、シャンプーは普通のものを使っている場合は片手落ちになってしまいます。

 

育毛剤で頭皮を守ろうとしているのに、シャンプーで逆に痛めつけているのです。
結局、育毛剤の効果がなかったと判断してしまうことになるのです。

 

育毛シャンプーとしては、石鹸シャンプーやアミノ酸系シャンプーが良いとされています。

 

それぞれのシャンプーには特徴がありますから、自分に合ったものを選ぶことが必要です。
他の人に合ったから自分にも合うとは限らないのです。